投資として太陽光発電を考える

基本的に太陽光発電を設置後には、メンテナンスフリーでそのまま放置しておくことが出来ます。
もちろん完全なメンテナンスフリーではありませんが、高額な維持費が後々発生するようなことはありません。最近では太陽光発電システムjを自宅ではない場所へ設置し発電をしている人が多くいます。
これはつまり売電だけを目的とした投資となり、長期的に収益を出していくこととなります。 補助金や価格競争などといったことから、太陽光発電導入時の金額負担が非常に低下してきています。
一昔前は200万円代でしたが現在は150万円前後が主流となっており、投資としては効果的なのです。
日本という国は非常に小さな島国なのですが、原子力発電所の数は世界でも有数の保持国となっています。
この現状を見直すためにはやはり多くのご家庭で太陽光発電を導入することが最も賢い方法なのです。太陽光発電は設置をした時の売電価格がその後における売電価格になります。
現在ではその売電価格が従来よりも高めに設定されていますので、投資と考えた時のメリットが高くなっているのです。

 



投資として太陽光発電を考えるブログ:20170919

1週間位前、実家の片づけをしていたところ、
母親が昔着ていた洋服がたくさん出てきたので、
もらってきました。

おれの母親が若かった1960年代というのは、
ミニスカートが大流行したりして、
とってもおしゃれだったようですね。

母親の若いころの写真を見ると、
昔の映画や雑誌に出てきそうな洋服を着ていて、
今から見ても結構イケてます。

それに、
そのころは洋服も大量生産ではなかったようで、
母親の服も洋服屋さんや知り合いに縫ってもらった
手作りの服がほとんどです。

生地やボタンもとっても凝っていて、
今、同じものを買おうとするとおれには
とても手が出ないんじゃないかなぁ…と思います。

おれは子供のころから、
母親のそんな洋服が大好きでした。

母親は仕事もしていたし、
3人の子供がいましたから、
普段は仕事や家事に追われて、
服装にもかまっていられなかったようですが…

幼稚園のトレーニング会とか遠足、家族でお出かけなんていうときは、
おれの大好きなワンピースやスーツを着てくれるので、
とてもうれしかったのを覚えています。

母親とお揃いの生地でつくった洋服も何枚かあって、
そんな服を着た日はうれしくて大はしゃぎしていました。

母親の洋服を見ているとそんなことをいろいろ思い出して、
「あぁおれって母親のことが大好きだったんだなぁ」
と改めて思いました。

その中には
母親とお揃いだった洋服もありました。
それはもう今ではシミだらけで着ることはできないのですが、
あまりにも大好きなので、捨てるに捨てられず…

こうしてガラクタがたまっていくんだなぁ…と思いつつも、
この服だけはずっと手元に置いておこう!と
おれは思っています。