太陽光発電はオーダーメイド商品と考えよう

太陽光発電と聞いて多くの人が一部の限られたお金持ちの家庭で導入をしていると思っていることでしょう。
しかし最近では国や自治体からの補助金制度によってある程度まとまったお金で導入することが出来るようになったのです。太陽光発電を買うという点で既に完成をしている商品を購入するようなイメージを持っている人も多いかと思います。
しかしご自宅に適しているメーカを選び、設置をしてもらうという考えから太陽光発電はオーダーメイドと言えるのです。国内メーカーですとパナソニックや東芝の太陽光発電は発電効率が高いと言われています。
発電量が多くなりますと必然的に高価となり結局投資回収を考えますとよく検討をする必要があるのです。
太陽からの恵みである莫大なエネルギーを利用することによって、電力会社から電気を買わずに利用をすることが出来ます。
全量買取制度も開始された現在、大変オトクな電力事情を実現させることが可能なのです。太陽光発電はメーカー毎にものすごく極端に異なっているものではなく、最低限の性能は同様となっています。
ただし発電効率や発電量で言いますと多少なりとも違いがあるのです。

 





小平つかさ
小平つかさ
URL:http://www.gekizero.com/report.php?cid=1089762


太陽光発電はオーダーメイド商品と考えようブログ:20170911

「今日はお客様がみえるからお茶出ししてね。できる?」
母から突然言われたのは、小学三年の秋。

お客様とは、母のお兄さんの嫁。
ミーとは血のつながりはないが、
もの静かで上品な伯母が、ミーは大好きだった。
はりきって、お茶の入れ方出し方を教わった。

伯母が到着して座敷でごあいさつをすると、
おもむろに母が目くばせをした。

よし!と台所で、ミーは教わった通りに急須にお湯を入れ、
茶葉を蒸らしている間に、お盆に木の茶托をのせ、
あたためた湯のみをのせて、お茶を注いだ。

湯のみに八分目。
濃すぎず薄すぎず…自分としては完壁だった。

得意気にそっと、伯母の前に差し出したが
ミーは緊張して、茶托の上で少し湯のみがカタカタ鳴った。

「まあ、嬉しいわ!ありがとう、いただくわね」

にっこりして伯母が湯のみを手にした瞬間、
あ!と自分の顔がサーッと冷たくなるのを感じた。

注意して入れたつもりだったのに、
茶托にお茶がこぼれてしまっていたのだ。

あろうことか、
湯のみといっしょに茶托が持ち上がるのを見た瞬間、
思わず目をつむったミーの頭の中に…

次にくるであろう光景がパパーッと、
早送りの走馬灯のように浮かび上がった。

…湯のみにくっついて持ち上った茶托は、
カチャーンと音をたてて落ちる。
困ったような伯母の顔。あわてる母。
ふきんを手にする母の姿まで思い浮かび、
ミーはさらに強く目をつむった。
しかし…あれ?

ミーが恐る恐る目をあけてみると、
なんと茶托は、伯母の左手の上にあった。

落ちる寸前、伯母はすばやく茶托を受けとめていたのだ。

そして、普通に静かに、お茶を一口飲み、
「まあ、おいしい」
と、言ったのだった。

ミーは嬉しさと安堵と、
気はずかしさで何ともいえない心持ちだった。

応援クリックしてね・・・プチ(まあ、ランキング貼ってないけどw)