気温ではなく晴れの日が多い地域が有利

自然の力である太陽光発電というのは、今考えられる一番の節電対策の一貫と言えるでしょう。
環境破壊も起こさず、しかも安全な太陽光発電は、今まさに最も注目をされている自家発電システムなのです。太陽光発電は当たり前のことですが太陽の光を利用することによって電気を作ります。
このことから南の地方へ行けば行くほど発電量が多くなると考えてしまいますが決してそういうワケではないのです。日本の場合ですと、太陽光発電を設置するのにちょうど適した場所が静岡県や愛知県と言われています。
安定的に温かいエリアであり、晴れが多い地域ということで発電量が多くなっているのです。
これからの日本、いや世界というのは原発に依存をしない再生可能エネルギーを利用した電力が必要となります。
地球環境、そして個人での社会貢献などを考えた時、太陽光発電が最も効果的となるのです。暑過ぎる地域はあまり良いことではなく、実際は北海道と沖縄で発電量に大差は無いのです。
つまり極端に暑ければ太陽光発電の効果がアップするという問題でもないワケです。

 





当たる 占いのことならこちらへ
当たる 占いおすすめサイト
URL:http://petite-petal.com/


気温ではなく晴れの日が多い地域が有利ブログ:20170918

「首が痛い」「膝が痛い」「こしが痛い」

これらは全て結果であり、
原因はその部分にはない場合がほとんどです。
打撲などの外傷の場合は別ですが…

ですから、原因が何かを考えずに、
痛めた部分を処置するだけでは、再発するのは当然です。

肉体は、偏った使い方で酷使されると、
痛みによってその動きを制限しようとします。

痛みが出るのは、原因の部分とは限りません。
足指の歪みで首に痛みが出ることもあります。

つま先から膝、こし、胸、首、頭…と
肉体は非常に精密にできていて、
全てがつながっています。

それでは、肉体に痛みが出たときは
どうすればいいのでしょうか?

肉体に痛みが出た場合、
痛いところが悪いとは限りません。

しかしあたくしたち人間は、
痛みがあるとすぐに解消したくなります。

確かに、早く患部の痛みが無くなった方が、
気分はよいかもしれません。

しかしいずれ、
同じことが原因で痛みが再発してしまいます。
対症療法では、「問題の解決」にはならないのです。

問題を解決するには
「正しい肉体の使い方ができるようになること」
が大切なのです。

肉体に何か問題が起きたら、
原因は何かを考えてみましょう。
痛みは肉体からのサインなのですから…

肉体の一部を酷使しませんでしたか?
長時間、正しくない姿勢で過ごしていませんでしたか?

肉体の問題を原因から解決するには、時間がかかります。
肉体の歪みは、その人が何十年もかけて作り上げてきた、
動きのクセの集大成なのですから、仕方ありません。

それでも
根本的な原因を解消しなければ、
快適な毎日を過ごせませんよ!