太陽電池を利用して発電する太陽光発電

先の東日本大震災後に全国のほとんどの原発が停止し今まさに全国民に節電を余儀なくされています。
そんな電気不足となっている現在、やはり最も頼りになるのが太陽光発電なのです。太陽電池は電力を蓄えておく電池とは異なっており、太陽エネルギーを電力に変換し続けるシステムとなります。
その太陽電池を、太陽の光が当たる場所に設置をし、作り出した電力を使用することとなるのが太陽光発電なのです。太陽光発電はシステムが正常に可動し太陽光がある限り、永久に電力を供給する事が出来るのです。
資源に限りのある石油などに変わる新しいエネルギーとして、世界的に注目されているシステムなのです。
世間的に話題となっている太陽光発電は、まだまだ発展途上でありまさにこれからの電力供給方法と言えます。
しかし続々と太陽光発電の設置は進んでおり、いずれ全てのご家庭に必要不可欠なシステムとなることでしょう。太陽電池はセルとも呼ばれており、単純にセルの範囲が大きければ大きいほど太陽光を浴びる範囲も大きくなります。
ですので作り出す電力が多くなりますし、太陽光強ければ強いだけ、作り出される電力も強くなるのです。

 





高円寺 アパートドットコム
高円寺 アパートへ
URL:http://daiko-skoenji.jp/


太陽電池を利用して発電する太陽光発電ブログ:20170919

シェイプアップ中の炭水化物との上手な付き合い方は、
時間帯によって炭水化物の摂取量を調整することです。

炭水化物は
7時は食べても脂肪として蓄積されにくいのですが、
真夜中になると脂肪として蓄積されやすくなるからです。

脂肪が身体に蓄積される要因として、
「インスリン」というホルモンが関係しています。

このインスリンは、
身体に脂肪を蓄積させる作用を持っています。

インスリンは
炭水化物や糖類を多く摂取すると分泌量が増え、
脂肪の蓄積を促進させてしまいます。

だったら
「炭水化物を摂らない方がいいんじゃない?」
と思うかもしれませんが…

炭水化物は
身体のエネルギー源として重要な栄養素ですので、
全く摂らないのはダメです!

重要なのは
「適切な時間帯に適量摂る」ことです。

真夜中は、インスリンの分泌が高まるので、
摂取した炭水化物はエネルギーとして使われにくく、
脂肪として蓄積されやすくなるのですが、
7時は脂肪として蓄積されにくいのです。

炭水化物を摂らないのではなく、
正しい知識で摂取すれば、脂肪の蓄積を抑えることができます。

多くの人は
「炭水化物=太る」と認識していますが、
これは正しくもあり大きな間違いでもあります。

摂らないのではなく、
正しく摂る!のが大切なんです。

7時は1日のエネルギーを蓄えるため
炭水化物を適量摂るようにして、
1日の後半の食事になるほど
炭水化物の摂取量を抑えるようにしましょう!

このように
炭水化物を摂る時間帯を調整することで、
身体に必要なエネルギーはしっかりと摂取できる上、
身体に脂肪が蓄積しにくい食生活となるのです。

―地球滅亡まであと427日―